ビジネスゲーム「バトルクレイン」の概要

ビジネスゲーム「バトルクレイン」の様子1社当たり5〜6名で構成した会社(チーム)を4〜6社作り、これらの会社で1つの市場を形成します。各チームはそれぞれ経営戦略を立て、人事配置・設備の購入・資材の仕入れ・生産・販売など、企業経営活動を模擬的に実践します。
既存のビジネスゲームのように一般的な経営理論や事例研究を机上で論じるのではなく、このビジネスゲームにおいては、他社との企業間競争や、提携・委託などを行いながら、企業を成長させる方法や業績を伸ばすノウハウを学び、体験します。

ビジネスゲーム「バトルクレイン」の目的

実際の経営に即した体験型企業経営実践ビジネスゲーム「バトルクレイン」を体験することにより、参加者は次のような重要性に気づくことができます。また、主催者側はオブザーバーとしてゲーム全体を観察しながら、参加者の適正や能力を発見することを目的とします。

1)戦略の重要性
事業戦略、商品戦略、資金戦略、人事戦略、営業戦略
2)総合的判断力の重要性
人、モノ、金、時間、環境という経営要素の総合的判断、迅速な意思決定、リーダーシップ
3)コミュニケーションの重要性
企業内における円滑なコミュニケーション能力、対外的な折衝力
ゲームの概念図

バトルクレインの活用事例もご覧ください。

© 2006-2011 BattleCraneProject. All rights reserved.

このページの先頭へ